補聴器 デジタルとアナログの比較と違い

デジタルとアナログ補聴器に迷う女性

補聴器はデジタル補聴器アナログ補聴器の2種類があります。
両者には性能に大きな違いがありますが、その違いをご紹介します。

それぞれの特徴

今現在販売されている機種は殆どがデジタルで、こちらのほうが性能が良く、
その分値段が高いと考えて間違いありません。

デジタルはこんな機器

一言で言うと、一番の特徴は「細かい調整ができること」です。
小さな本体の中にコンピュータが入っていて、取り入れた音を
聞こえやすくするためにデジタル処理します。

下記の通りの音の処理が可能です。

その場に応じての自動の調整

音量と音質をその場面に応じて自動で調整してくれます。
人の多い雑踏と人の少ない場所では環境が違いますが、
そういった状況に応じての調整が可能です。

たとえば、聞き取れない周波数・小さな音は大きくして、
大きな音を耳障りでないように小さくします。

無駄な雑音を小さくして減らす

エアコンや雑音などの貴方にとって聞く必要のない音は小さくします。

ピーピー音(ハウリング音)を減らす

顔を動かした際や電話を受けるときにピー、ピーという
電子音がすることがありますが、これを抑えることが出来ます。

貴方の耳に合うように調整が可能

補聴器の調整をコンピュータで繰り返すことで、利用者の耳に合わせて
より自然な聞こえと、ストレスのない装用が期待できます。

機器の中には下記が内蔵していて、聞こえ方の調整を可能にしています。

マイク
アンプ(プロセッサー)
マイクロチップ
レシーバー
電池

アナログはこんな機器

マイクが拾った音がアナログ信号のままで増幅されるので
すべての音が大きくなるので、雑音や大きな音も同時に大きくなり、
補聴器の装着が結構なストレスになるようです。

まとめ

今現在はアナログ補聴器の販売は殆どないはずですが、
最近の補聴器はこれだけ進化しているので、購入は迷わずデジタルにしてください。

私が愛用する、当サイトでオススメする集音器のみみ太郎という機種があります。
性能の良い補聴器に負けない、とても良い機種です。
下記の記事でご紹介していますので、ご参考になりましたら幸いです。
>>補聴器が必要な貴方にすすめる、高性能の集音器・みみ太郎 性能と評判

コメントを残す