耳鳴りの原因としくみ なぜ発生?

耳鳴りの原因発生のしくみについてです。
私自身、ここ数年にわたり耳鳴りに苦しんでいます。

本やインターネットの記事も読んで、効果のあるといわれる食べ物を
食べたり、つぼを押してみたりと色々やっていますが、イマイチ大きな効果は
感じることが出来ません。

こうして起こる

そんな耳鳴りの原因はこれです。

耳の中にある器官(蝸牛や聴覚路)に障害が発生することが原因。
言い換えると、耳の器官に障害が発生して聴力が落ちたとき起こります。

私も難聴になった後に耳鳴りがするようになりましたし、
私の周りの難聴の知人・友人も難聴になった後に
耳鳴りがするようになったと言っています。

蝸牛と聴覚路で障害が発生して脳が変化を起す

蝸牛といわれる器官で障害が起こります。ここで変換された電気信号が、
音が認識される経路(聴覚路)から聴覚野に伝わらず、耳鳴りが発生すると
いわれています。

聴覚野という脳の音を認識されるはずの器官が、いつも通りの電気信号を
感じられないために、脳がその信号をより強く発します。

脳がこういった反応をするために、聞こえなかったはずの音が、
聞こえるようになります。それが耳鳴りとなります。

最近購入した漢方薬

最近知ることになった、「生漢煎 苓桂朮甘湯」という漢方薬があります。
購入して飲み始めたばかりで、大きな効果があるのかはまだ分かりません。
今後、効果を感じましたら追記したいと思います。

耳鳴りが酷くしているときは、話すのさえ面倒になりますが、
この漢方は評判・口コミが良い様なので、効いてくれればと思います。

>>第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】

コメントを残す